取り付け方法(納まり図)

03-3789-2001

サッシ窓枠へのステンドグラス取り付け方法( FiX参考例)

サッシ取り付け図面

【FiX窓への取付方法】
ステンドグラスは、サッシ窓枠に「押縁」で挟み込んで取り付けします(上記図面参考)

窓枠に合った色の「角材」「見切り材」「モールディング」などを使用します。

「押縁」の高さは、サッシの種類に応じて適切なモノを使用します。

※テラスタイプのサッシ・木製サッシ・開き窓・すべり出し窓・引違窓・室内間仕切り壁・丸窓・天井
 などへの「納まり」はお問い合わせください。


ドアへのステンドグラス取り付け方法(参考例)

ドア取り付け図面

【室内ドアについて】

室内ドアへステンドグラスを設置する場合、上記図面のような「押縁タイプ」のドアを工務店・建具屋さんにご依頼ください。

※落とし込みタイプのドアは、お問い合わせください。

※ 弊社ではドア(建具)は製作しておりません。

 

【既製品のドアの場合】

既製品の場合取付出来ないタイプもあるため、ドアメーカーさんから詳細図面を取り寄せいただき 事前に確認する必要がございます。

溝幅が7ミリに満たない場合は、特殊な「Y型ケイム」で対応可能な場合がございます、詳細はご相談ください。

 

【既製品の玄関ドアの場合】

取付出来るかどうか、ドアメーカーさんから図面を取り寄せいただき、事前に確認する必要がございます。

基本的には、現状のドアに入っているガラス(防犯強化ガラス等)の室内側に設置しますので

ステンドグラスを入れるための溝幅が必要になります、詳細はご相談ください。

※弊社で取付する場合は、原調・採寸が前提となります。

※不特定多数の出入りのある場所では、片側に「強化ガラス」や「貼り合わせガラス」と抱き合わせて設置する事をオススメします。

 

【比重について】

ステンドパネル重量は、標準的なもので 平米13Kgから18Kg位です(当社ラウンド型ケイム仕様)

参考 一般の6mm厚のガラス板は、平米15Kgです(比重 2.5)

※ 重さは、ステンドグラスの大きさ・ガラス種類・ピース数により異なります。

 

【ドアクローザ】

風などで不用意に扉が閉まらないように「ドアクローザ」の設置をオススメいたします。

詳細は、工務店さん・建具屋さんとご相談ください。


PAGE TOP ↑