納まり図

ステンドグラスの寸法について

一般のガラスの仕上寸法は「枠内寸法」から数ミリ小さくした寸法ですが、弊社のステンドグラスは一般のガラスとは構造が違うため押縁の内寸「見え掛かり寸法」を基準に、各辺7〜9ミリ大きくした寸法となります。

FiX窓に取付する場合

サッシ窓枠に「押縁」で挟み込んで取り付けします(下記図面参考)
サッシメーカー・サッシ種類によって断面形状は異なりますので、ご使用サッシの枠内寸法記載の「納まり図」をお送りください。
押縁は窓枠に合った色の「角材」「見切り材」「モールディング」など、サッシの種類に応じて適切なモノを使用します。

テラスタイプ・木製・開き窓・すべり出し窓・引違窓・天井等のサッシ窓の場合は、弊社での採寸及び現場打ち合わせが必要となります。

※ テラスタイプのサッシ・木製サッシ・開き窓・すべり出し窓・引違窓・丸窓サッシなどへの「納まり」はお問い合わせください

ドアに取付する場合

弊社ではドア(建具)は製作しておりませんので、ご注文者様にてご用意ください。
周囲のフレームケイムの厚みは 7ミリですので、4方押縁形式で溝幅が7ミリ以上あるドアをご用意ください。
横幅 (見え掛かり寸法)は 500ミリ位迄が理想です。

※ ドアにステンドグラスを設置する場合、開閉する事が前提となるのため、強度はとても重要となります
※ 弊社では、自社製作の超ハードラウンド型鉛線ケイムを標準仕様としておりますので、ずば抜けた強度での製作が可能です

特注ドアの場合

溝幅や框寸法が自由に設計出来る「特注ドア」がオススメです。
ドア寸法に合わせて、デザインバランスを考慮した姿図でのご提案が可能です。

※ 姿図・納まり図をお送りください

既製品ドアの場合

既製品の場合取付出来ないタイプもあるため、ドアメーカーさんから詳細図面を取り寄せいただき 事前に確認する必要がございます。
溝幅が7ミリに満たない場合は、特殊な「Y型ケイム」で対応可能な場合がございます、詳細はご相談ください。

※ 近年、ガラス交換が出来ないタイプが多いため事前に確認ください

玄関ドアの場合

既製品玄関ドアの場合、取付出来るかどうか詳細図面を取り寄せいただき、事前に確認する必要がございます。

※ 既製品玄関ドアにステンドグラスを設置した場合、メーカー保障は得られなる場合がございます

ドアクローザ・ダンパー

突風などで不用意に扉が閉まらないように 「ドアクローザ」や 「ドアダンパー」の設置をオススメいたします。
詳細は、工務店さん・建具屋さんとご相談ください。

補強

大きいサイズの場合、開閉強度を考慮し、シュンチュウ補強を施す場合があります。

PAGE TOP ↑